ハチミツの基礎知識

色々な土地の食べ物

"海には海のごちそうがあり、山には山のごちそうがあります。
特にその土地で獲れるものから作られる料理は、新鮮さこそがご馳走。
その土地でしか食べられないことも多く、ぜひ頂いておきたいものですね。
でも、自分の全く知らない土地ですと、どのような物が美味しいのかもわからないものです。
私は海の近くで育ったので、美味しいものと言えば新鮮な魚くらいしか知りません。
(魚の美味しさは自慢できますが。)
そんな訳で、山中で料理自慢の宿と言われても、正直ピンと来ていなかったのです。
でも、実際舌で味わうと結構わかってしまうものですね。
夕食に出た山菜ご飯やアユの塩焼きなどは、山で無いと食べられないなと感じました。
色々なものを食べることは身体づくりのみならず。
深い人生の経験にもなります。"

 ハチミツの種類

ハニートーストに適したハチミツ

ハチミツを何にも考えないで買ってはいないでしょうか。ハチミツは蜜蜂が様々な種類の花から蜜を採取して作られている物で、花によって味も色も香りも違ってきます。ですから、同じハチミツでもいろんな味を楽しむ事が出来るのです。
ハチミツを作る為にはたくさんの花の蜜が必要で、1キロのハチミツを作る為には500万本以上もの花が必要だと言われていますので、どれだけの蜜蜂の労力が使われているか分かります。
ハチミツを作れる花の種類はたくさんあります。果物の花からも作る事が出来ますので、味わいがとても楽しみですね。
そんな花でも代表的な花をちょっとご紹介してみたいと思いますので、ちょっとした知識として覚えておいて下さい。
【れんげ】
れんげの花から採取されたハチミツは、日本では一般的なハチミツとして発売されています。香りや味にクセが無いのと、口当たりが柔らかな感じなのとで、万人受けする味になっています。
クセが無いので料理やお菓子にも使いやすく、トーストやホットケーキ等に直接かけていただいても美味しいです。
【アカシア】
アカシアも日本では人気があるハチミツで、クセがなく、味わいも柔らかいのが特徴です。この特徴から、料理にお砂糖の代わりに使うと、素材の甘さをより引き立たせるので、自然な味を楽しむ事が出来ます。
お菓子作りやフルーツのハチミツ漬けなんかにも最適です。
ハニートーストとしていただくならどちらのハチミツを使っても美味しくいただく事が出来るでしょう。

 ハチミツを使う

ハチミツの様々な利用法

ハチミツは、とても美しい琥珀色をした甘味料で、その味わいもとても優しく、とてもコクが有るので、お料理やお菓子作りにも安心して使って頂ける自然の甘味料です。
ハチミツは健康にも良いと言われているし、料理を砂糖とは違った甘さで美味しくしてくれますので、料理やデザート、飲み物等、色々な物に使ってみると良いと思います。
健康に良いと言われているハチミツですが、その中にはミネラルやビタミンなど、健康を維持する上で必要とされている栄養素がバランスよく含まれています。また、気になるカロリーですが、砂糖よりもカロリーは低く、砂糖の半分位のカロリーだと思って頂ければ良いと思いますので、意外と安心して使って貰う事が可能です。更に、胃腸に負担をかける事が無いのが、ブドウ糖や果糖の特徴で、短時間で体内に吸収されてエネルギーに代わってしまいますので、胃腸を使う必要がないのです。また整腸作用もあるので、女性の方には嬉しい、健康と美容が手に入る甘味料なのです。
そんなハチミツを料理に使うと、どういうメリットが有るかと言うと、ハチミツのコクや風味が増していくので、自然な味わいを楽しむ事が出来ます。また、ご飯を炊く時にハチミツをちょっとだけ加えると、ふっくらとしたご飯が炊きあがると言う裏技も有ります。更に、お肉料理の時には柔らかくしてくれますし、魚料理の時には臭みを抑えてくれますし、お菓子を作る時には低カロリーで抑える事が出来ます。